瞑想(MINISOではなく)

Photo: "Early summer reflection."

Photo: “Early summer reflection.” 2018. Kagawa, Japan, Fujifilm X-Pro2, Fujifilm M Mount Adaptor + Carl Zeiss Biogon T*2,8/28 ZM

瞑想をきちんと始めてから、というか習慣として継続するようになってから2ヶ月半。結構前から、瞑想をちゃんとやりたい、という思いはあった。何冊か、本も読んだ。元々、Steve Jobsの本をきっかけにして、IT業界に入ったのだ。今思えば、多分その本の中にあった、ガランとした部屋にマットレスだけを置いて、瞑想するJobsの様子というのが、ずっと頭の隅にはあった。

転機になったのは、COVID-19での在宅勤務の長期化と、Relax Meditationアプリが良く出来ていた事だ。それっぽい背景音と共に、リラックスを誘う声色のガイダンスが流れる、言ってみれば良くあるタイプのアプリなのだが、背景音とコンテンツの大半で使われている女性の声のクオリティが抜きん出ている。


Habitifyに管理されつつ、Relax Meditationを使い続けて、そして75日。最近目に見える変化を感じる。小学校の頃の事など、完全に記憶の蓋が閉じていたものが、ポツリポツリと浮かび上がってくるようになった。そして、その意味づけを改めて今日の価値観で行い、複雑な思いはあるものの、大抵は許せる気分というか。いや許せないが、少なくともそれが自分の責任では無い事に気づき、確認し、整理されるプロセスが始まっている気がする。


在宅、デジタルでだけ働く。つまり、いくらでも内省する時間が有る特殊な環境と合わさって、そういう効果が何倍も早く進む。自分が、今までよりも、より客観的に生きている気がする。自分の中身が時間に逆行し、何かが取り戻され、変わっていく気がするのだ。大事なのは、それが何かのサプリとか、何かの教義とか、誰かの影響で起こっている訳では無いことだ。大人は、自分のご機嫌は自分で取るべきだ、と言うけれど、そういう事にも良いと思う。

こういうものを、マインドフルネスと呼んだりする人も居るのだろう。好きに呼べば良いと思うが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。