特に面白い所は無い、業務用デバイス AfterShokz OpenComm

Photo: “Highway light.”

Photo: “Highway light.” 2016. Okinawa, Japan, Apple iPhone 6S.

去年、AfterShokz AEROPEXの事を書いて、今でもずいぶんアクセスがあるようだ。そして、今はテレカン用に作られたAfterShokz OpenCommの方を使っている。(外出にはAfterShokz AEROPEXを使い続けている。後ろから来る危ない自転車に、何度か気付くことができた。)

クラウドファンディングで募集がかかったタイミングで申し込んだので、9ヶ月ぐらい(クラウドファンディングなので、正確な配送タイミングが今となっては分からないのだが)使っていると思う。買った理由は単純で、骨伝導が長時間のテレカンに向いているのがはっきり分かった事と、やはりマイクにブームが付いて居た方が、音質的に安心感が有るからだ。

9ヶ月、在宅勤務で使っていて、一言で言えばとても実用的。面白い所は何も無く、仕事に使うのに過不足の無い、経費で落としたくなるような、そういう製品だ。


音質は、AEROPEXとの違いは感じない。マイクブームが有ることで、左右の重量バランスが異なるが、それは気にならない。デザインを犠牲にしてボタンが大きいのは業務用っぽいが、電源のオンオフはずっとやりやすい。ヘッドセットとしては、ミニマルなデザインなので、カメラONの時に、耳うどんや、ゲーミングヘッドセットで登場するよりも、プロフェッショナルに見えるかも知れない。(多分、自己満足だ)

特徴的なブーム付きのマイク。鼻息がかからない程度のブームのサイズで、頬の横ぐらいに来る。マイク自体の指向性が結構強いのか、あるいは信号処理としてのノイズキャンセルが良く効いているのか、外の騒音はかなり拾いにくい印象。話しながら、お茶を入れたりしても相手には分からないみたいだ。自分の声がどう届いているのかは、正直分からないが、音質的なクレームを言われたのは1度だけ(結局相手のPCがおかしかった)。声を張らなくても確実に届くのは、特に長時間のテレカンではとても楽ができる。


自分の場合、英語でテレカンというのは、やはり聞き取りもそうだし、アクセントを持った発音でどこまで相手に通じるかという難しさが有るわけだが、AfterShokz OpenCommで今のところちゃんと切り抜けられている。言語なんか関係無いだろ、と思うかも知れないが、母国語と違って脳が補ってくれる情報量が圧倒的に少ないのだから、やっぱり不安はある。実際には、米国も、インドも大丈夫。多分、言語によって周波数の頻出帯域とかは違うんだろうと思うが、考えてみれば元がアメリカの設計なのだから、テストはまず英語でやっているわけだ。英語でのテレカンを切り抜けられる製品なら、正直この倍の値段でも喜んで出すが、今のところ、AfterShokz OpenCommは問題無い。

充電が早いのも特徴になっているが、バッテリメンテナンスはちゃんとやってないので、実際どれぐらい持つのかはちょっと分からない。公称16時間となっているが、一日の半ばで切れたことはあるし、では朝の時点でフル充電だったのかと言われると自信は無い。使わないときに常に充電しておく、というのもバッテリに悪そうなので、午後が長そうなときは昼にちゃんと充電をかけておく、位の運用にしている。

AfterShokz AEROPEXの時に書いた、ペアリングがクソ、という話は、もう業務用のPCにしか繋がないという運用にしたので、改善されているのかどうかは分からない。なお、音量ボタンは期待通りに動作したためしがなく、+か-を押すと「バッテリーは充電されています」という何の価値も無い情報を喋るだけだ。主にこれを使うのは、Teams上であって、Teamsのデバイスコントロールには、これまたクセがあるので、一概にこの製品のせいだとも言えないが、このあたりは相変わらずの完成度なのかも知れない。そして例によって、ファームウェアアップデートができそうな気配は無い。


まとめると、圧倒的に疲れない骨伝導のメリットはそのまま、マイクの性能は高く、バッテリーはかなり持つ。エキサイティングな要素は何も無い、(音量ボタン以外は)きちんと動く、愛用するに値する。業務用途にぴったりだ。

あ、それから頑丈すぎてリサイクルに出すために潰すのが困難な箱、は正直いい加減にして欲しいが、アメリカの輸送環境を考えるとこれ程の強度が必要という事だろうか?(そんなことはないだろ)